ヒトを対象とした研究や厚生労働省の科学研究費補助金を申請する際の研究計画などの個別研究計画に関して利益相反マネジメントが要求される場合には、それぞれの専門とする研究分野に関連して審査するため、 部局ごとに審査を実施します。部局によって利益相反委員会、あるいは、研究倫理審査委員会が利益相反の審査を行うことになっています。