新着情報

輸出管理確認シートの見直しについて

2019.11.25

令和元年11月25日

各 位

副学長(研究)
木 越  英 夫 

 日頃は安全保障輸出管理にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
 大学の国際化に伴い、教職員の国際的な活動や留学生等による機微技術の流出防止という安全保障輸出管理の徹底が課題となっています。本学は利益相反・輸出管理マネジメント室を置き関係法令に則った適切な対応を進める一方、関係教職員の負担軽減、システム化を含めた効率向上に日々努めているところです。
 このたび輸出管理に関わる教職員の負担軽減、法令遵守を向上させるため、また経済産業省からの問題点指摘への対応を含め、本学輸出管理確認シートを改善、見直しましたので、ご連絡いたします。新様式では記入項目についての解説を追加したほか、記入手順及び記入例を付して利便性を向上させており、本見直しに際しては各部局輸出管理担当者からの意見も参考としています。
 下記施行日以降の新案件について、新様式での申請手続きをお願いいたします。

1. 対象様式(和文、英文)
(1) 輸出管理様式1-1(海外出張) 
(2)       1-2(海外への発送)
(3)       1-3(技術の提供)
(4)       1-4(訪問者・留学生受入):連携大学院用
※様式2、3、4は変更ありません。

2. 主な改善点
(1) 旧様式で別シートにあったフローチャートを記入手順として1シートで案内、表裏印刷対応等の利便性の向上
(2) 国・地域の分類、「公知」の許可例外等用語説明の追加
(3) 様式2・3・4の提出要件を、特に懸念のある場合にのみ提出へ緩和

3. 施行日:令和元年12月2日

4. 掲載先:安全保障輸出管理〉輸出管理様式
(閲覧するには統一認証ID・PWの入力が必要です。)